幸せ度がアップする ダイエット中の神ルール3つ!

最近、10年ぶりにダイエットに成功し、2か月半で-5キロを達成しました!

ダイエットはこれからも続ける予定ですが、現段階でここまで成果が出たのは、「自分らしい無理のないダイエット」を目指したからだと思います。

試行錯誤するうちに、気づいたらダイエット中なのにストレスが溜まるどころか、幸せ度がぐんぐんアップしていたのです!

詳しいダイエット方法はまた紹介するとして、今回は幸せを感じながら無理なくダイエットを成功に導く、ダイエット中の神ルール3つをご紹介します♪

Teaの力を借りる

これが一番の発見でした。私は今の自分らしいダイエット方法を、WithTeaダイエットと名付けています。笑

ダイエット方法をいろいろと探す中で、日本茶、紅茶、中国茶、健康茶を含むTeaが、ダイエットの強すぎる味方だということに気づきました!

具体的なルールとしては、「何かを食べるときは、なるべくストレート系のTeaを一緒に飲む」と、「食事中以外にも積極的にTeaを取り入れる」ということです。

たとえば紅茶は脂肪を吸収させにくくしてくれる作用がありますし、プーアール茶やウーロン茶には取りすぎた脂肪を分解してくれる作用があるので、食事と一緒に取るのがオススメです。

他にも糖分吸収抑制作用のあるギムネマ茶や桑の葉茶低カロリーで食物繊維も取れるのに砂糖のように甘い羅漢果茶など、ダイエットや肥満防止に効果のあるTeaがたくさん!!

さらに、運動前に紅茶を飲むことにもダイエット効果が期待されます。通常ランニングなどの運動をした時はエネルギーとして体内の糖分が最初に燃焼されますが、運動前に紅茶を飲むことで、糖分より先に脂肪が分解されるという効果があるのです。

さらにさらに、ダイエットで重要なのは定期的に「出す」ことです。Teaにはご存知の通り、利尿作用がありますので、毎日Teaを飲むことでトイレの回数が増え、定期的に体内の余分な水分を外に出すことが出来ます。「(おしっこを)出す」サイクルを整えることは、ダイエットのとっても重要なポイントなのです!

この場でTeaの魅力をすべて語ることは出来ませんが、Teaの種類によってはダイエット効果の他にも美肌効果や、リラックス効果、睡眠の質をよくする効果、風邪予防、口臭対策……などなど数えきれないほどの効果があり、そのうえ美味しくてカロリーはだいたい0という奇跡のような飲み物です。

ティータイムは日々の生活の中に癒しを与えてくれますし、どんなTeaを飲もうかと考えるだけでわくわくしてきます。ダイエット中はメンタル面のケアも重要ですので、Teaで幸せな時間を作ることをオススメします。

食べる時は集中して美味しくいただく

「自分らしい無理のないダイエット」を目指している私は、ストイックな食事制限をしない代わりに、無駄なものを食べず、1回1回の食事をよく味わって食べることにしています。

なんとなくの食事や間食をするのをやめて、朝昼晩の量のバランスを考えながら3食はきちんと食べる。今日食べたものを、明日全部覚えていられるように食事をするのがコツです。

例えば朝ご飯を食べて、コンビニで買ったお菓子をつまんで、昼ご飯を食べて、15時にデザートを食べて、夕飯後にまた何かつまんで…と、だらだら食べ続けていると、自分がいったい何をどのくらい食べたのか、よく分からなくなってしまいます。
しかも、こういう時に食べたものって、意外と本当に食べたかったものではなく、なんとなーく口に入れてしまった食べ物が多いことに気づきます。

コンビニなどで、ふと目に入ったスイーツを手に取った時や、街中で通りかかったこってり系料理の看板が気になった時など、私は自分に「本当に食べたいのか?」と問いかけます。

そうすると、「よく考えたらそんなにお腹が減っていないかも」とか、「昼ご飯にたくさん食べたから夜ご飯は軽めの方がいいかも」など、考えが変わることが多いです。

ちなみに、そう問いかけてもなお、ノドから手が出るほど食べたいときは、食べてしまいます。その代わり罪悪感なく、美味しくいただくことを心がけます。

私はいつも小さなノートを持ち歩いて、ゆっくり食べたいものを食べる機会がある時は、食レポのような感想をメモするようにしています。そうすると食事の満足度も上がりますし、ゆっくりよく味わって食べるようになるので太る原因の1つである早食いも防げます。

さらに良いことがもう1つあって、食べ物の美味しさの深みに気づきます。私はこの間、お茶で炊いたご飯を頂いたのですが、1口目ではお茶の味をあまり感じなかったのに、よく噛んで味わっているうちに、ほんのりお茶の絶妙な苦みを感じて幸せな気分になりました。1口目では気づかない美味しさがあることを実感しました。

また、こうやって1回1回の食事を意識していると、自然と無駄なものを食べたいという欲求がなくなってきます。例えば私は、コンビニのパンや糖質たっぷりのコンビニスイーツ、ラーメンやパスタなどは、あまり食べたいと思わなくなってきました。我慢するというより、体が拒否していることに気づく感じです。

食べるものを決める前に一呼吸置いてよく考える、そして食べると決めたらじっくり味わって美味しく食べる。このルールが、食事の幸せ度をより一層upしてくれます!

太りそうでも食べたい大好物は、生理中に食べる

ダイエット中とはいえ、どうしても食べたい大好物が誰にでもあるはずです。(私の場合は、クレープです…!)

ストレス解消のためにも、月に1回くらいはリフレッシュとして、カロリーを気にせず好きなものを食べることをオススメします。なんでも好きなものを食べていい日(チートデイ)は、特にダイエットの停滞期などでは、逆にダイエット効果を高めてくれるとも言われています。

そこで私は、「生理が来たらクレープを食べていい」と決めました。

女性にとって生理の時はだいたい憂鬱なもので、生理が来た日は「あ~今月も来たか…」とぐったりしますよね。だけど、このルールを作ることで、「生理が来た!よし、クレープを食べに行こう!」というポジティブな考え方に変わりました。

先にも書きましたがダイエット中はメンタルの安定も重要です。大好物は食べたいけれど、好き勝手食べたら罪悪感で逆にメンタルが落ちる…という負のループを防ぎ、生理という女性のブルーデイをちょっと幸せにしてくれるこのルールはオススメです!
そもそも生理中はどうしても体重が落ちないので、ダイエットには不向きで、休むべき時なのです。

しかも生理中にチートデイを設けることで、月に1度というのが明確に分かって、チートデイの取りすぎ防止にも繋がりますし、一番痩せやすいと言われる生理後~2週間くらいの間のダイエットやる気アップにもつながります。

ただし、生理中は体を冷やすものや刺激物を食べるのは避けた方がよいと言われていますので、そういうものが大好物の方や、生理痛が特にひどい方などには、あまりオススメ出来ないルールです。

まとめ

私はダイエットをして痩せて、さらに毎日の幸せ度までアップさせる!という、素敵な生活をこの神ルールから得られました。ダイエットも苦しいことばかりではないということに気づきましたので、ぜひ皆さんもダイエットをする時は、自分らしい神ルールを見つけてみてください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする