勉強しながら観光も楽しみたいならこの学校!「Universe English School Cebu」

お久しぶりです。無事に3週間のセブ島留学から帰国しました!!

本当は留学期間中にブログをガンガン更新する予定だったのですが、余裕がありませんでした……。
(主に遊んでいただけです)

情報はたくさん仕入れてきたので、これから急ピッチでブログ更新して行こうと思います!

今回は、私が3週間お世話になった語学学校を紹介します。

私が通った学校は、「Universe English School Cebu(ユニバース イングリッシュスクール セブ)」という学校です。
※ここから、UECと表記します

私はこの学校を選んで本当によかったと思っています!
主に、こんな人に向いている学校です。

  • 授業はグループレッスンよりもマンツーマンでしっかり学びたい
  • 先生がコロコロ変わるより、1人の先生とじっくり勉強したい
  • あんまり生徒がたくさんいると、なじめるかどうか不安
  • とはいえ、勉強も観光もマイペースが好き
  • 仲間は欲しいけど、見知らぬ生徒と同じ部屋で共同生活するのはちょっと……
  • 勉強はもちろんしたいけど、朝から晩までみっちり授業はさすがに疲れる
  • せっかくだからセブ島の観光もしたい。観光しながら英語の勉強ができたら最高!

これらのいくつかに当てはまる人には、本当に向いている学校だと思います。

それでは、ここから学校のメリット、デメリットを紹介していきます!

UECのメリット

まずは、UECの主なメリットをご紹介します。

授業は担当講師とマンツーマン!成長を感じながらじっくり学べる♪

この学校では責任担任制という制度をとっていて、授業は最初から最後まで同じ先生が担当してくれます。

日ごとや時間割ごとに先生が変わってしまうと自分の成長を感じるのが難しそうですが、UECでは1人の先生がしっかりと自分に合った学習プランを練ってくれて、自分の成長スピードを見ながら教えてくれるのでとても学びやすいです。

授業は基本的に全てマンツーマンで、毎日同じ部屋で担任の先生と一緒に学びます。

また、希望すれば毎日学校からホテルの往復を先生が送り迎えしてくれるので、通学が不安な方も安心!先生と2人で通学しながら英語で会話したり、ジプニーの乗り方、周辺のおすすめレストラン情報なんかも教えてもらえます。私も最初の1週間は先生に送り迎えしてもらって、いろいろ教えてもらいました♪

私の先生はとても熱心な先生で、私の英語力に合わせて授業も工夫してくれるし、授業以外でも私の希望をいつも気にしてくれて、本当にいい先生でした。

最後の卒業式の日、手紙を渡したら目をうるませてくれて、私も泣きそうになるのを必死でこらえたのを覚えています。
それだけ深い関係を作りながら勉強することがでる学校です。

午後は先生と一緒に学校を飛び出して観光へ!教室で学んだ英語を実践できちゃう☆

そしてこの学校のもう1つの大きな特徴は、「コミュニケーションレッスン」です。

UECは基本的に授業のコマ数が6コマなのですが、午前中に4時間みっちりマンツーマンレッスンを受けたあとは、先生と一緒に学校を出て、希望したセブ島の観光地や自分の行きたい場所にでかけることができます。

もちろん、移動中も積極的に先生と話せば実践的な英語のレッスンになります。
英語で観光地の説明を受けたり、英語で買い物をするのに付き合ってもらったり…学び方は人それぞれ!
セブ島の観光を楽しみながら、先生と話して英語のレッスンになるのでとても効率的です。

先生がステキな写真を撮ってくれるので、セルカ棒も不要ですよ…!w

また、仲間と予定を合わせてそれぞれの先生とみんなで出かけることも可能!

大勢で行った方が楽しい場所や、遠くの場所でタクシー代を割り勘したい時なんかは、誘い合わせて向かいましょう♪

そして、希望すれば無料でコミュニケーションレッスンを学校での授業に変えることもできます。私もいつもギリギリになって、あそこに行きたいだの今日は授業したいだの、ワガママを言っていましたw

また、毎日朝から晩まで10時間くらい勉強している学校に比べて授業数が少ないので、ストレスフリーで勉強することができます。

勉強を続けたければ、追加料金でコマ数を増やす事も可能です。
私は、これ以上コマ数が増えるのはきついですね……w

プライベート確保のホテル滞在!お手頃価格のホテルから超デラックスホテルまで!

セブ島の語学学校は、宿泊施設に学生寮を導入している学校が多いのですが、それだと2人~4人部屋での共同生活になってしまいます。学生寮の1人部屋を選ぶと結局値段が高くなってしまったり…。「部屋は1人がいい!」という方には少し厳しいですね。

この学校は学生寮を持っていないため、提携ホテルに滞在することになります。ホテルは自分の要望に合わせて、格安なペンションハウスから4つ星の超デラックスホテルまで好きな場所を選択することができます。

ホテルはどこも観光に便利な場所にあるので、学校以外での生活も快適に過ごすことができますよ。

ちなみに、私は節約のため一番下のエコノミーホテルに泊まりました。
立地は最高です!決してキレイではないですが、慣れれば何も問題ありません!笑
(しかし、キレイ好きの人にはおススメしませんw もっとイイホテルにしましょう)

これは私が泊まったエコノミークラスのホテルの写真ですが、スーペリアクラスのホテルに泊まっている友達の部屋にお邪魔したら、眺めのいいとても素敵な部屋でしたよ!自分の身の丈に合わせてどうぞ☆笑

学校もホテルもセブ島の中心地にあるので、どこへ行くにも便利☆

前の章でもお伝えしましたがこの学校は校内に学生寮を持っていないので、余計な土地がいりません。身軽だからこそ、セブ島の中心地であるマンゴーストリートに校舎をかまえています。

他の学校は校内に学生寮やレストランなどを設けているので、土地代の安い中心地から少し離れた場所にあることが多いです。

だけど中心地にあるUECの周りには、ロビンソンデパートがあったり、たくさんのレストランやマッサージ屋さんもあります。また人通りも多く、セブ市内でも最も安全な場所と言われています。治安が心配な方にもピッタリですね。

少人数制なので、自分のペースで友達付き合いができちゃう♪

少しセブ島の学校を調べたことがある方ならわかると思いますが、UECはまだあまり知られていない学校ですので、多くの紹介サイトや資料に載っていないことが多いです。

小規模校なので生徒数も少なく、私がいた4月の生徒数は、いつも平均15人くらいでした。深く狭く、仲間を作るにはとてもちょうどいい人数です。

また、変にグループで固まったりもしていないので、たまに1人でランチに行きたい店がある時なんかは、1人でふらりと出かけてもOKです。
真っ直ぐ帰って勉強するのも、休日に部屋にこもるのも自由です。
もちろん、誘い合わせて学校の後にみんなで遊びに行くこともあります♪

そんな風に、マイペースで仲間と付き合うことができるので私にとってとても居心地のいい空間でした。

UECのデメリット

ここまで紹介すると、なんだか本当に完璧な学校な感じがしてくるのですが、ここでデメリットも紹介したいと思います。

ランチとディナーは授業料に入っていない

セブ島にある多くの学校は校内に学生寮や食堂を持っているので、授業料&宿泊料に朝昼晩の食事代がこみこみで入っていることが多いです。

ですがUSCでは、ホテルについている朝食以外の食事はついていません
※ちなみに私が泊まったエコノミーホテルだけは、ホテルの朝食もついていません

少し損してるように感じますが、学校の周りにもホテルの周りにも安くて美味しいレストランがいっぱい!
私にとっては、毎日食堂のご飯を食べる方がもったいないように感じました。

みんなが集まる食堂やカフェなんかもありませんが、誘い合わせて毎日違うお店で集まるのもいいですよ♪

ホテル滞在なので、学校まで通わなければいけない

学校内に学生寮がないもう1つのデメリットは、ホテルから学校に通わなければいけないことです。
学生寮があれば、起きて朝食を食べてすぐに授業を受けることができるのにちょっと大変ですね。

ですが、治安が不安なら先生が毎日送り迎えをしてくれますし、交通費も割安です。
私のホテルは学校まで歩いて10分ちょっとのところにあったので、行きはジプニー(片道7ペソ=約15円)で行って、帰りは歩いて帰ってました。
タクシーでも片道50ペソ(約110円)くらいです。

通学中に新しいお店を発見することなんかもありますよ!

小規模学校なので、とにかく人脈を増やしたい人には向かない

これは好みの問題になるのかと思いますが、先にお伝えしたようにけっこう少人数制の学校なので、とにかく人脈を増やしたい!大勢でわいわいしたい!という方にはあまり向かないかもしれません。

私は逆にアラサーだし落ち着きたかったのでこの学校を選んだところがあります。

ちなみに私の滞在中はわりと同年代が多くてラッキーでした。

それからアラフィフ?くらいのジェントルマンやマダムの方もけっこうおられます。

他にも20歳の子がいたり、3歳のとっても可愛い女の子がお母さんと一緒に来ていたり、年齢層は様々でした♪

まとめ

メリット、デメリット、いろいろ紹介してきましたが、あとは自分の好みだと思います。

私はこの学校で、とてもいい思い出がたくさんできました♪

セブ島留学は他の国に比べて安いとはいえ、留学は大金を使って行くわけですから、じっくり自分に合った学校を選んでステキな留学ライフを送りたいですね☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする